あたらしきもの京都


きょうとけい

きょうとけい

陶磁器製の時計というと、外側のみを陶磁器でつくり、中に文字盤をはめ込んだ形式か、平板の陶磁器に凹凸を施して文字盤を表現した形式であることが多い。その点、熊谷聡商店が開発した時計はありそうでなかったデザインである。掛時計と置時計の2種類あり、いずれも立体的で、数字の部分を細長い穴で表現したのだ。シンプルなデザインに徹したために、同社が得意とする、花弁のような光沢を持つ磁器「花結晶」の魅力が引き立って見える。いずれも重量は1kg以下で、掛時計はフックに掛けるだけで設えられる。「香炉の蓋から発想した」と、代表取締役社長の熊谷隆慶は種明かしをする。立体的な被せの形状と細長い穴は、確かに香炉の蓋を思わせる。同社は1935年の創業以来、京焼・清水焼の産地問屋を営んできた。最近はインテリア用品の開発に積極的で、時計は以前から挑戦したいと考えていたアイテムだ。今回、リズム時計工業に協力を仰げたことが、商品開発に拍車を掛けた。


素 材:磁器
サイズ:掛時計(φ 約 28× D 約 4cm / 重量 約990g)
    置時計(φ 約 14× D 約 6cm / 重量 約450g)
カラー:白、銀藤、緑など 13 色

Produced by 熊谷聡商店(JAPAN)



ロタンダ

ロタンダ

中世の欧州でよく建設された円形建物を「ロタンダ」と呼ぶ。MURAGISHIが開発したバス用ブラシシリーズは、円柱形を基本にしたシンプルでモダンなデザインで、まさにロタンダを彷彿とさせる。フェイスブラシ2種、ボディブラシ2種、トレイの5点あり、トレイの円穴には石鹸を置き、そこにブラシを立てて泡立てて使用する。穂先は山羊毛と人工毛の混毛を採用した。「きめ細かな泡をつくり、肌当たりが心地良く、乾きも早い」と代表取締役の村岸直子は説明する。同社は1941年に化粧小物の卸業として創業。後に大阪府松原市に工場を開設し、村岸産業を創立。OEMを中心に化粧筆の製造販売を行ってきた。2010年にMURAGISHIを創立し、京都市に化粧筆専門店「六角館さくら堂KYOTO」を開いた。創業者は広島県で生産されている熊野筆産業に貢献した実績を持つ。このように化粧筆で培った確かな技術が生かされ、極上のバス用ブラシシリーズが誕生した。

素 材:山羊毛、PBT毛、ABS樹脂、アクリル樹脂
サイズ:フェイスブラシ(H7.5×φ3.5cm)
    クレンジングブラシ(H6.5×φ2.5cm)
    ボディブラシ(H4.5×φ2.5cm)
    ボディブラシ(H6×W30×D7cm)
    トレイ(H4.2×W25×D10.5cm)

Produced by 村岸産業(MURAGISHI)(JAPAN)



クレイジーストラップ

CRAZY STRAP

その名も「CRAZY STRAP」。クレイジーの名に負けないくらい、フェイクファー、ラメテープ、スパンコール、レースを素材とした強烈なストラップが勢ぞろいする。裏地の色使いもポップだ。いったい何に付けるのか?それは使い手の自由だ。カメラやバッグなど、これは持ち物にファッション性を求める人をターゲットとする。中でも「カメラ女子が狙い」と丸進の代表取締役社長、野澤孝康は言う。近年はカメラ好きの女性が急増し、何でも「インスタ映え」がもの選びの基準となった。お気に入りのカメラに個性的なストラップを付ければ、インスタ映えすることは間違いない。同社は紐やリボン、レースなどの繊維副資材の企画卸販売を営む。「脇役である繊維副資材を主役にしたい」という思いから、数年前より自社商品の開発に挑んできた。これまではスタイリッシュな商品ばかりを生み出してきたが、既存路線を一度壊すことで、同社のものづくりの幅がより広がった。

素 材:フェイクファー(アクリル、ポリエステル、レーヨン)
    ラメ(ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン)
    スパンコール(ポリエステル、アクリル、ウール、キュプラ、ポリウレタン)
    レース(レーヨン、ナイロン、パーツ/亜鉛キャスト、鉄、POM、牛革、PP)
サイズ:約95〜120cm
    フェイクファー(幅約5cm)
    ラメ(幅約3cm)
    スパンコール(幅約3.8cm)
    レース(幅約3.8cm)
カラー:フェイクファー(ブラウン×イエロー、ベージュ×ブルー)
    ラメ(ブラック×スカイブルー、ゴールド×ピンク)
    スパンコール(ブラック×レッド、ゴールド×パープル)
    レース(ネイビー×オレンジ、シルバー×ターコイズブルー)

Produced by 丸進(JAPAN)



product_okayama_12.jpg

TONE&TONE

近年、一段と普及してきたお薬手帳。病院や調剤薬局へ出かける時に気分が少しでも晴れやかになれれば…。岡山工芸の「TONE&TONE」はそうした望みに応える薬帳・カードケースだ。持ち歩きを前提とするお薬手帳だが、世の中に出回るのは簡易なビニールケースがほとんどだ。「もっと上質な専用ケースがあってもいいのでは」と、代表取締役の岡山摩紀は言う。岡山工芸は、多くの職人を抱える手描京友禅の製造販売会社だ。昨年はその技術と技法を生かした金封袱紗と念珠入れを開発し、今年もまた「包む」ことに着目した商品開発に挑んだ。自社で考案した帯の図案から伝統文様、植物、動物の3分野にわたる9柄を選び、新しくツートーンでデザイン。お薬手帳のほか、母子健康手帳や通帳も入れられる。さらに保険証や診察券などを差し込めるポケットも6つ備え、機能性を高めた。老若男女問わず持てるデザインで、父母への贈り物や還暦祝いなどのギフトにも向いている。

素 材:表地シルク、裏地レーヨン
サイズ:H16×W11.5cm
カラー:雪輪、亀甲、七宝、桜、瓢箪、南天、蜻蛉、燕、兎

Produced by 岡山工芸(JAPAN)


product_leciel_23.jpg

ワンマイルバッグ

「ちょっとそこまで」と近所へ出かける時に小物を入れて持つバッグを、近頃は「ワンマイルバッグ」と呼ぶ。買い物や外食、散歩には身軽がいい。ルシエール・ジャパンは手紡ぎ、手織りの麻(ラミー)の素材感を生かしたワンマイルバッグを開発した。ストライプと無地を合わせたデザインや、ナチュラルで清潔感のある配色に好感が持てる。レジ袋をモチーフにした形状もユニークだ。片側の紐をもう片側の紐に通せば、自然と口も締まる。同社は、1975年に和装小物製造会社の村田工芸として創業。その後、創業者が中国で手紡ぎ、手織りの麻に出合い、麻生地の輸入販売を始め、麻のれんやタペストリーの製造を得意とするようになった。2015年にはブローチ・コサージュ・ブランド「& asa.co」を設立。その発展形として「バッグ開発は長年の夢だった」と取締役の村田理恵は言う。麻は独特のハリ感とシャリ感を特徴とする。今回、それを前面に押し出した魅力的なバッグが完成した。


素 材:麻(ラミー)、綿麻
サイズ:S(H49×W19cm)
    L(H56×W30cm)
カラー:ライトブラウン
    ストライプ× モスグリーンブラック
    ストライプ × ブラック
    ホワイト × ネイビー
    ライトブラウン × オフホワイト


Produced by ルシエール・ジャパン(JAPAN)



Aurum

Aurum

ポーチにコインケース、カードケース…。あれもこれもとつい揃えたくなる魅力にあふれている。ジェイハンズの「Aurum」は男女問わず持つことができる、クールで機能的な小物入れブランドだ。銀色に輝くレザー調の本体に赤もしくは黒でさり気なく入ったステッチ柄は、よく見ると、糸で縫われているのではない。なんと箔押しが施されている。これは主に名入れに利用する技術を応用したデザインだ。裁断した後に箔押しする工程であるため、どれを見てもステッチ柄が均等に配されている点も特長である。ジェイハンズは和雑貨の製造加工と卸を営む会社だ。艶やかなちりめんや小紋柄の生地を使用した張り箱をはじめ、様々な小物を製造する。多くの職人と連携し、1つひとつを丁寧に手づくりし、その魅力を伝えている。「もっと幅広い層に手に取ってもらいたい」という代表取締役社長の山口雅也の思いから、今回、自社のノウハウを生かした新ブランドの開発に至った。


素 材:ビニールレザー
サイズ:ポーチS(H12×W18cm)ポーチL(H20×W25.5cm)コインケース(H8×W8cm)
    カードケース(H7.2×W10.5cm)パスケース(H10×6.5cm)
    キーケース(H10.5×W5.5cm)リップアクセサリーケース(W9×H4×H3.5cm)
    ミラー(H10.5×W6.7cm)
カラー:赤ステッチ、黒ステッチ


Produced by ジェイハンズ(JAPAN)



コトノワ ふろしきサコッシュ

ふろしきサコッシュ

「結ぶ、守る、伝える」という3つの思いを大切にしながら、ふろしきの企画卸販売を営む丸和商業。伝統的なふろしきをはじめ、現代のライフスタイルに合わせたふろしきブランド「コトノワ」を意欲的に展開し、幅広い世代にふろしきの魅力を発信している。今回は同ブランドを発展させ、ふろしきらしさを残しつつも、まったく新しいアイテムのサコッシュを開発した。サコッシュとは、元々、自転車競技中に選手に食べ物や水などを手渡すために使う「袋」のこと。薄くて軽量であることから、現在はショルダーバッグとしても人気がある。その名も「ふろしきサコッシュ」には綿生地を使用し、ふろしきを折り畳んだ時に生まれる三角形をモチーフに、柄を1色で染め上げた。口は三角形の両面のベロを折り畳むだけの簡単なつくりにし、サコッシュ全体のアクセントとした。「洋小物なんだけど、着物や浴衣にも合う商品が出来た」と、代表取締役社長の林利治は新たな可能性に期待する。


素 材:綿
サイズ:H25×W21cm
カラー:赤、青、緑、黒


Produced by 丸和商業(JAPAN)







Exhibits
Gift Show 2019 spring(Tokyo)